KICCプロジェクト地域資源を活用し、医療福祉産業の活性化を進めます。

KICCプロジェクト推進協議会

HOME > KICC構想とは

KICC構想とは

地域資源活用型産業活性化プロジェクトのねらい


東京の各地域には、産業・技術・人材・文化など多様な地域資源があります。その地域資源を掘り起こし、相互の利点を組み合わせ活用することにより、地域産業の活性化に結びつけることが地域資源活用型産業活性化プロジェクトのねらいです。

「KICC(キック)プロジェクト」とは?

zu1.gif

KICCプロジェクトとは、北区・板橋区(城北地域)において、企業・ネットワーク・研究機関・人材などの地域資源を結びつけ、地域課題の解決に向けたプロジェクトに取り組む、という意味です。他にも、「キックオフ」「きっかけづくり」「走り出す」という意味も込められております。

KICC(キック)プロジェクトのテーマ

「地域資源を活用した医療福祉関連産業の活性化と医療福祉のまちづくり」

現在、北区・板橋区の地域には、精密機械、創薬などの企業、病院・福祉施設など医療福祉機関、関連人材などの資源が膨大に存在します。

KICCプロジェクトは、これらの地域資源を結びつけ最大限に活用することで、医療福祉を中心とする関連産業の活性化を図り、地域内企業連携による新製品の開発や既存製品の改良、関連機関とのネットワーク化など、幅広い取り組みを行っていきます。 さらに、その成果は、地域コミュニティに応用され医療福祉のまちづくりの先駆となることを願います。

そして、これらの取り組みを全国に広く発信し、KICCプロジェクトに対する関心を高め、さらなる相乗効果を誘発していきます。将来的には、「医療福祉に関することは北・板橋地域に行けば何とかなる」など、この地域が医療福祉の一大集積地となることを目指します。

KICCプロジェクト目標KICCプロジェクト目標